任意償還

任意償還は一定の据置期間経過後、発行者が任意に全部又は一部を繰上げて償還することであり、繰上償還ともいう。 任意償還の場合の償還価格は、額面の場合と、一定のプレミアムをつけた場合(普通社債、円建外債等 […]

定時償還

定時償還は一定の据置期間経過後、一定の期日(利払日ごと)に、一定額以上の金額を、買入消却の方法により減債することである。前記のとおり、わが国においては、過去、国債、金融債を除き、ほとんどすべての公募債 […]

私募

私募とは、国(日銀)と投資家が直接に折衝して条件交渉及び発行事務を進め、発行を行う方法であり、直接発行に区分される。シ団引受及び公募入札が不特定多数を対象としていることから「公募」と呼ばれるのに対し区 […]

定率公募方式

発行価格あるいは利回りについて競争を行わない入札方式である。表面利率および発行価格を定めて希望額を入札させ、応募額を発行予定額をもって案分により割当て、発行を行う方式である。昭和57年11月に中期国債 […]

イールド競争入札ダッチ方式

あらかじめクーポンは掲示されず、入札参加者は利回りによる入札申込みを行う。申込みを受けた利回りの低いものから順次割り当てていき、発行予定額に達するまで募入(落札)とされる。ある応募利回りで全額募入とす […]

価格競争入札コンベンショナル方式

発行者があらかじめクーポン(表面利率)を決定しておいて、入札参加者から価格による入札申込みを受ける。申込みを受けた価格(応募価格)の高いものから順次割り当てていき、発行予定額に達するまでが募入(落札) […]

公募入札

公募入札とは、いわゆる競争入札のことで、多数の購入希望者(応募者)から希望する発行条件と購入額を提示(入札)させ、その応募(入札)状況にもとづいて発行条件と発行額を決める方式である。 わが国の国債発行 […]

シ団引受

シ団引受とは、複数の引受業者から構成される証券取引を目的とした団体である引受シンジケート団(引受シ団)が日銀(国の委託を受けて国債に関する事務を取り扱う)との間に、募集取扱及び残額引受契約を締結し、一 […]

売出発行

発行総額をあらかじめ確定せず、一定の売出し期間を設けてその間に販売できた額をもって発行額とする方式である。金融債はこの方法により発行することが認められているが、商法には売出発行についての規定はなく通常 […]

間接発行

発行者が仲介者を通じて広く投資家を募る方法である。証券市場の専門家である証券会社等の募集力、信用力を活用できることが利点である。 委託募集 発行者が他の会社に募集を委託する方法。受託会社は必要な事務手 […]

1 2,880