グローバル・パートナーシップ

2002年カナナスキス・サミットにおいて、核、化学、生物兵器及びその関連物資等の拡散防止を主たる目的として、10年のマンデートで設置された「大量破壊兵器及び物質の拡散に対するグローバル・パートナーシップ(The Global Partnership Against the Spread ofWeapons and Materials of Mass Destruction)」のことを指す。2011年ドーヴィル・サミットにて2012年以降も GPのマンデートを延長することが決定。GP参加国は随時拡大しており、現在29か国及び EUが参加している。
出典:外務省 日本の軍縮・不拡散外交