デフレ

別名:デフレーション
英語表記:deflation
デフレとは、物価が下降している状態のこと。
正式にはデフレーションという。
デフレでは、不景気などで消費者の購買意欲がなくなることにより、食料品や衣料品、電気製品などの値段が下がる。
しかし、それでも商品が売れないと、さらに価格を下げる。
このようなことが繰り返されることにより、物価は継続的に下降する。
ちなみに、このような状態が長く続くことをデフレスパイラルという。
デフレの状態が続くと、デフレを抑制する目的で中央銀行が政策金利を下げる場合がある。
日本においては、デフレの状態を知る指標として消費者物価指数(日)が挙げられる。
消費者物価指数(日)が下降した場合、デフレに向かっていると判断することができる。
デフレの状態を知る指標にはこの他に、消費者物価指数(欧)、消費者物価指数(英)などが挙げられる。
なお、物価が上昇している状態のことをインフレという。