包括的援助フレームワーク

読み方:ほうかつてきえんじょフレームワーク
別名:CDF
英語表記:Comprehensive Development Framework
開発途上国自身が主体性を持ち、各援助供与国・機関、市民社会等の開発関係者と協調しつつ、マクロ経済的基盤とともに、制度的、構造的、社会的側面を重視する包括的な開発のアプローチ。1998年秋のIMF・世銀総会で世界銀行のウォルフェンソン総裁が提唱。
出所:国際関係略語集(財務省)