単独介入

読み方:たんどくかいにゅう
単独介入とは、1国の中央銀行が為替市場に介入すること。
単独介入の目的は、自国の正常でない為替レートを正常に戻すことにある。
なお、各国の中央銀行が協力しあって為替市場に介入することを協調介入という。