年末相場

読み方:ねんまつそうば
別名:師走相場
別名:もちつき相場
対義語:新春相場
年末相場とは、12月の大納会にかけての数日間の相場が上がったり下がったりする状態のこと。
師走相場ともいう。
年末相場では、投資家の来年への希望を込めて、相場が上がることが多い。
一方、機関投資家は、年末相場になると利益確定売りを出してくるため、相場が下がることがある。
このように年末相場は、上がったり下がったりする。
そのため、もちをつくときの杵の動きに似ているため、もちつき相場とも呼ばれている。
なお、年末相場に対して、正月の大発会から数日間の相場を新春相場という。