慎重ムード

読み方:しんちょうムード
慎重ムードとは、投資家の外国為替市場などへの売買を手控える雰囲気が漂っている状態のこと。
慎重ムードは、相場の方向感がつかめない時などに生じる。
例えば、国際会議の前や、要人の発言前、経済指標の発表前などが挙げられる。
慎重ムードになると相場の値動きは止まり、出来高は減る。
いわゆる閑散相場の状態になる。