流動性選好説

読み方:りゅうどうせいせんこうせつ
別名:貨幣選好説
英語表記:Liquidity preference theory
流動性選好説とは、利子率が低ければ低いほど流動性選好の傾向が強くなり、投機的需要が強くなるという学説のこと。