開発途上国

先進工業国(Industrial Countries)に対して、一般に一人当たりの実質国民所得が低い国を指し、DAC(開発援助委員会)の国別分類では、1998年の一人当たりGNP(国民総生産)が760ドル以下の国・地域を低所得国、760ドル超3,030ドル以下の国・地域を低中所得国、3,030ドル超9,360ドル以下の国・地域を高中所得国と呼びます。

出典元:開発教育関連用語(外務省)