集団行動条項

読み方:しゅうだんこうどうじょうこう
別名:CACs
別名:キャックス
英語表記:Collective Action Clauses
集団行動条項とは、国が国債の償還条件を変更する際に、一定の債権者が条件を承諾すれば変更することができるという条項のこと。
集団行動条項では、一部の債権者が条件を承諾しない場合であっても、一定の割合の債権者が承諾すれば強制的に条件を変更することができる。
集団行動条項の発動は、国の債務交換など目的として行われることが多い。
ちなみに、集団行動条項の発動は債権者のマイナスと捉えられるため、信用格付け機関では投機的な債券とみなすことが多い。