従価税

従価税

読み方:じゅうかぜい
英語:Ad valorem duty

輸入品の価格を標準として関税を課す税率をいう。輸入品の価格に比例して関税負担がかかること、輸入品の価格変動につれて関税額も変化しインフレに適応できるなどの長所があるが、輸入品の適正な価格の把握が困難であること、輸入品の価格が低くなるほど関税額も低くなり国内産業保護という機能が薄れるなどの短所もある。

出典:税関関係用語集(財務省)

従価税

輸入貨物の価格(CIF価格)を課税標準として関税を課す税率。価格に比例して関税が課されることから、輸入貨物の価格変動に応じて関税額も変化し、インフレに適応できる等の長所がある反面、当該貨物の適正な価格の把握が困難であること、価格が低くなるほど税額が低くなり、国内産業保護の機能が低下する等の短所がある。

出所:日本関税協会