債券

債券 – 債券用語

読み方:さいけん
英語表記:bond

債券とは、各国政府や企業などが資金の調達を目的に発行する有価証券のこと。債券には、額面の金額と満期日が記載されている。

発行日から満期日までの期間が短いものを短期国債、長いものを長期国債という。債券には、利息が受け取れる利付債と、利息は受け取れないが額面より安価で購入できる割引債の2種類がある。

債券 – 投資の基礎知識

国や地方公共団体、事業会社などが必要な資金を借り入れるために発行する有価証券のこと。額面に対して利息がつき、満期になると元本が満額償還されます。

出典:投資の基礎知識(金融庁)

債券 – 金融広報中央委員会

国・地方公共団体、民間などが必要な資金を借り入れるために発行する有価証券。

公共のものには国債、公募地方債など、民間のものでは社債、転換社債型新株予約権付社債、金融債などがある。

債券は購入後一定の利息を受け取り、満期日に額面全額が払い戻されるため、発行から満期まで保有すると元本割れしない。

ただし、途中で売却し時価で換金した場合、元本割れすることがある。債券は株式と同様、発行体が倒産した場合には払い戻されないリスクがある。

出所:金融広報中央委員会

債券 – 一般財団法人地方債協会

一定期限(最終償還日)に元本を返済すること、それまでの期間、一定期日に、一定利率の利息を支払うことを約束した証券を債券という。国や地方公共団体等が発行する債券を公債、民間の企業が発行する債券を社債といい、これらを総称して債券という。

債券は、発行者が資金調達を目的として発行するもので、一種の借用証書である。しかし発行額が一定単位の額面額による多数の債券に分割され、均一の条件で、不特定多数の投資家に売捌かれること、また発行者には満期まで安定して資金を利用することが保証される一方、投資家には必要があれば何時でも保有債券の売却が可能である(ただし、売却価格は市場動向により変動する)等の点で、単なる借用証書とは異なっている。

出典:一般財団法人地方債協会