スポンサーリンク

C-TPAT

スポンサーリンク

C-TPAT

読み方:しーてぃぱっと
英語:Customs-Trade Partnership Against Terrorism

輸出国から米国に至る物流におけるセキュリティ強化を目的とした官民共同の任意の取り組み。

出典:税関関係用語集(財務省)

C-TPAT

2001年9月の同時多発テロ事件後、米国への輸入貨物及び輸入経路のセキュリティを高めるために導入された税関国境取締局(CBP)によるプログラム。米国在住の船会社、通関ブローカー、倉庫管理者、輸入者等が、サプライチェーン・セキュリティ強化のためのコンプライアンス・プログラムを実施。参加企業は、円滑な輸入通関等種々のベネフィットが得られる。Customs-Trade Partnership Against Terrorismの略。

出所:日本関税協会

タイトルとURLをコピーしました