資本移転等収支

英語表記:capital account

資本移転等収支とは、わかりやすくいうと対価を伴わない無償の収支のことである。日本政府が相手国に対して行う資本財の援助(例えば道路や橋、港などのインフラ整備)が資本移転等収支にあたる。なお、第二次所得収支も対価を伴わない収支である。資本移転等収支と第二次所得収支との違いは、資本移転等収支が資本財の援助であるのに対して、第二次所得収支は消費財(例えば国際機関への拠出や出資、食料品など)の援助であるという点である。

資本移転等収支の計算式

金融収支=経常収支+資本移転等収支+誤差脱漏

資本移転等収支=金融収支-経常収支-誤差脱漏

資本移転等収支と第二次所得収支の推移

資本移転等収支と第二次所得収支の推移グラフ


資本移転等収支 – 国際収支状況

対価の受領を伴わない固定資産の提供、債務免除のほか、非生産・非金融資産の取得処分等の収支状況を示す。

出所:国際収支状況(財務省)