キャピタルゲイン

キャピタルゲイン

別名:資産譲渡益
英語表記:capital gain

キャピタルゲインとは、為替や株式取引などにおいて、売却時に発生する利益のこと。資産譲渡益ともいう。
キャピタルゲインが売却時に発生する利益であるのに対して、損失が発生した場合にはキャピタルロスという。

キャピタルゲイン

投資元本(キャピタル)の値上がりによる収益のこと。投資信託の収益にはインカムゲイン(Income Gain)とキャピタルゲイン(Capital Gain)がありますが、そのうち、株式等有価証券の値動きに伴う投資元本(キャピタル)の値上がりによる収益をいいます。
出典:投資の基礎知識(金融庁)

キャピタルゲイン

キャピタル・ゲイン(ロス)とは、債券や株式などの有価証券の価格変動によって生じた、投資元本の値上がり益(値下がり損)をいう。
(出所:企業年金連合会)

キャピタルゲイン

土地、株式、公社債をはじめとする資産の値上がりによって得られる利得。

逆に、値下がりによって損失をこうむった場合はキャピタル・ロスという。たとえば、土地や株式が購入時よりも値上がりした場合、値上がり部分をキャピタル・ゲインと呼ぶ。

売却して得た利益は実現利益であり、売却せず計算上得られる利益は未実現の利益(含み益)である。わが国は、バブル経済の時期に多額のキャピタル・ゲインが発生した。

実現されたキャピタル・ゲインは原則として課税される。
(出所:金融広報中央委員会)