キャッシュ・デフィシェンシー・サポート

プロジェクト建設段階の不足資金がスポンサーによる完成保証により保証されるように、プロジェクト完成後の運転段階において不足資金が発生した場合のリスクをスポンサーが引き受けるの がキャッシュ・デフィシェンシー・サポートである。通常、不足資金は追加出資または劣後ローン(Subordinated loan)の形で拠出される。
出典:日本政策投資銀行