キャッチオール規制

キャッチオール規制

大量破壊兵器や通常兵器の関連汎用品・技術の輸出管理を補完・強化することを目的とした規制で、輸出管理の対象品目として規制リストに載せられていない品目であっても、大量破壊兵器や運搬手段の開発等の用途に用いられるおそれがあると判断されるときや、通常兵器の開発等の用途に用いられる恐れのある場合であって、武器禁輸対象国等一定の国に輸出する時には、当該輸出を各国の輸出管理当局の許可にかからしめる制度。(→「輸出管理」参照。)

出典:外務省 日本の軍縮・不拡散外交

キャッチオール規制

→ 補完的輸出規制

出所:日本関税協会