著作権

1/17ページ

共同著作物の著作者人格権の行使

共同著作物の著作者人格権は、各著作者は信義に反してその合意の成立を妨げることはできないものの、基本的にはその著作者全員の合意がなければ行使することができません(第64条)。なお、この場合、著作者の中か […]

指定登録機関

プログラムの著作物に関する各種の登録手続を実施する機関として、プログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律第5条に基づき、文化庁長官の指定を受けている機関です。現在、(財)ソフトウェア情報センターが […]

二次的著作物

ある外国の小説を日本語に「翻訳」した場合のように、一つの著作物を「原作」とし、新たな創作性を加えて創られたものは、原作となった著作物とは別の著作物として保護されます(「翻訳」などをした人が著作者)。こ […]

保護を受ける著作物

我が国の著作権法によって保護を受ける著作物は、次のいずれかに該当するものです(第6条)。(a)日本国民(法人を含む)が創作した著作物(国籍の条件)(b)最初に日本国内で発行(相当数のコピーの頒布)され […]

口述

朗読その他の方法により著作物を口頭で伝達することをいい(第2条第1項第18号)、例えば朗読会や講演会における読み手や講師の口述が該当します。ただし、実演に該当するものは含まれませんので、例えば演劇に出 […]

上演権・演奏権

著作物を公衆(不特定又は特定多数)に対し「上演」(演劇等の場合)したり、「演奏」(音楽の場合)したりすることに関する権利です(第22条)。上演・演奏には、CDやDVDなどの「録音物・録画物を再生するこ […]

美術の著作物等の展示に伴う複製

著作権の制限規定の一つです(第47条)。適法に美術の著作物や写真の著作物の原作品による展覧会を開催する者は、観覧者向けの作品紹介のためのパンフレット等(小冊子)に、展示する絵画や彫刻を掲載することがで […]

有線放送事業者

有線放送を業として行う者をいいます(第2条第1項第9号の3)。出典:著作権なるほど質問箱(文化庁)

1 17