企業年金

1/49ページ

会社型投資信託

投資信託自体が法人格をもち、一般事業会社と同様に、株式を発行して一般の投資家から調達した資金で証券投資を行うもの。米国のミューチュアルファンド、英国のインベストメントトラストは、会社型投信の形態が採ら […]

回廊アプローチ

米国会計基準では、未認識数理計算上の差異が期首の予測給付債務(PBO)または年金資産のいずれか大きい方の10%を超えた場合、その超えた額を一定期間(最長で従業員の平均残存勤務期間)で費用処理することと […]

強行規定

当事者の意思によって異なる法律効果を生じさせることができない法規ないし規定をいう。例えば法律のある条項が強行規定である場合、当事者がこれと異なる契約をしたとしても無効となる。公の秩序に関する法規は一般 […]

合同運用

複数の契約の資金を同一の勘定でまとめて運用する手法。生命保険会社の商品では一般勘定、特別勘定第1特約が、信託銀行では年金信託や年金指定単の年金投資基金信託(年投口)がこれにあたる。合同運用では、各契約 […]

免除保険料率

厚生年金基金に加入している事業主および加入員が厚生年金保険の保険料のうち国に納めることを免除される保険料率。個々の基金ごとに代行部分の給付を賄うために必要な保険料率(代行保険料率)をもとに、2.4%? […]

リスク許容度

リスク負担者が投資などのリスクテイク(リスク負担)を行う際に、最大どの程度までのリスクを取ることが出来るのかを表す尺度のことである。例えば、5年から20年先などの投資期間の下、一定の確率の下で許容し得 […]

最終給与比例方式

給付設計における給付額の算定方法の1つ。退職時の給与に、勤続年数や年齢等に応じた支給率を乗じて得られる金額を給付額とする。 わが国の退職一時金制度において伝統的に広く用いられてきたものであり、一般的に […]

受託者責任

一般的には、他者の信認を受けて裁量権を行使する者が負う責任と義務をいう、企業年金では、管理運営にかかわる者(受託者)がその任務の遂行上、当然果たすべきものとされている責任と義務のことをいう。 受託者責 […]

承継事業所償却積立金

設立事業所が厚生年金基金または確定給付企業年金に編入する際に、当該設立事業所の年金資産が当該設立事業所の数理債務(厚生年金基金に編入する場合は数理債務と最低責任準備金の合計額)を上回っている場合に、当 […]

退職給付会計

退職給付に係る企業会計基準。退職給付の会計処理については、支給方法や積立方法が異なっていても退職給付であることに基本的な違いがないことから、企業年金制度と退職一時金制度の両方を対象にした包括的な取扱い […]

1 49