企業年金

1/49ページ

円転義務

外貨建資産を売却する場合に必ず円に替えなければならないという義務。例えば、米国債(ドル債)から英国債(ポンド債)に資産を入れ替える際に、必ず一旦ドルを円に替え、その後円をポンドに替えることが義務づけら […]

長期期待運用収益率

退職給付会計において、退職給付費用の構成要素の1つである期待運用収益を計算する上で前提となる数値。長期期待運用収益率は、保有している年金資産のポートフォリオ、過去の運用実績、運用方針および市場の動向等 […]

バリュー・アット・リスク

市場リスクの管理手法の一つで、一定の期間と信頼区間のもと、価格・金利や為替などが予想と反対の方向へ動いた場合に、予想できる範囲で計測した最大の損失額のこと。つまり、下方リスクをリスクとして捉えている指 […]

標準報酬

標準報酬 厚生年金保険の給付額等を計算する際の基礎となる標準報酬月額と標準賞与額の総称。 (出所:企業年金連合会) 標準報酬 厚生年金保険や共済組合では、毎月の給料及び賞与を基に保険料や年金額を計算し […]

外国債券

外国政府、外国法人、国際機関などが発行する債券。一般には、発行者・発行市場・通貨のいずれかが外国であるものも、外債と呼ばれる。従って日本企業が国外で発行した債券は外国債券(外債)と呼ばれる場合がある。 […]

現物移管

年金信託のシェア変更等に際して、現金ではなく株式、債券等の有価証券現物のまま行われる資産の移管方法。現物移管を行うことにより、売買手数料の削減やマーケット・インパクトを回避できるというメリットがある。 […]

規約上掛金

規約に定める掛金(率)のこと。規約上掛金(率)は、原則として数理上掛金(率)をもとに端数処理等を行って設定されるが、厚生年金基金の基本部分の標準掛金率については、免除保険料率を下回ってはならないという […]

グラフ分析

資産と負債が時系列でみてどのような確率分布をもって増加していくのかをビジュアル(視覚的)に表現した分析手法。これを用いることにより、事業主(法人)及び基金が直面するリスクである積立不足のリスクが明快に […]

年金数理人

受給権の保全および年金財政の健全性を確保すべく、企業年金の主体的な財政運営に資するように、年金数理業務を行う専門家を「年金数理人」という。毎年度の決算や財政再計算等、年金財政に関する年金数理関係書類に […]

老齢給付金

確定給付企業年金において、加入者または加入者であった者が老齢に関する次のいずれかの要件を満たした際に支給する。 (1)60歳以上65歳以下の規約で定める年齢に達したとき (2)55歳以上(1)の年齢未 […]

1 49