金融用語解説

1/14ページ

消費者運動

消費者問題の解決・防止と消費者の権利の確立を目指す社会的運動のこと。 日本では、戦後1945年に大阪の主婦たちが始めた物資獲得運動や、1948年に結成された主婦連合会(主婦連)結成のきっかけとなった不 […]

コーポレイトガバナンス

企業は誰のものか、誰がどうチェックするのかという経営理念の問題のこと。企業統治などと訳される。 2006年施行の会社法では、すべての大会社において、取締役の職務執行が法令や定款に適合しているかチェック […]

リスクとリターン

金融商品を選択する場合、「リスクとリターンの関係」について理解しておく必要がある。ここでの「リターン」(return、見返り)とは、金融商品を保有することで得ることができる利益(または価格が下がった場 […]

通信販売

新聞、雑誌、カタログ、ラジオ、テレビ、インターネットなどで商品やサービスを広告し、消費者から電話や郵便などで購入申し込みを受け、商品を発送する販売方法。 小売業売り上げ全体に占める通信販売の比率は低い […]

消費生活センター

独立行政法人国民生活センターと連携して、住民である消費者に消費生活上のサービスの提供を目的として運営されている地方自治体の機関をいう。 全国に745か所(2013年4月現在、消費者安全法に基づくもの) […]

金利

資金の貸借において借り手から貸し手に支払われる利息(貸借料)の、貸借された金額(元金)に対する割合。 利子率、利率、利回り、割引率なども金利である。金利も他の商品サービスと同様に、金融市場における資金 […]

保証書

主として家電製品、自動車などの消費者向けの工業製品に関して、製品が不完全なものであれば製造者が修理もしくは取り替えをする旨の記載がなされている文書。 一般には、売買契約において目的物に欠陥があったとき […]

1 14