金融用語解説

1/14ページ

消費者教育推進法

消費者教育に関し、基本理念を定め、国や地方公共団体の責務を明らかにすることなどにより、消費者教育を総合的かつ一体的に推進することを目的とした法律。 2012年8月に成立した(正式名称は「消費者教育の推 […]

国民生活センター

国民生活の安定および向上に寄与するため、総合的見地から、国民生活に関する情報の提供及び調査・研究を行うことを目的として設立された消費者のための独立行政法人。 1960年代からの高度成長に伴い、消費者問 […]

401k

加入者やその勤め先企業が毎月一定額の掛け金を積み立て、将来受け取る年金額を積立金の運用実績にゆだねる新しいタイプの年金。 給与水準や勤続年数によって受取額が予想できる従来の確定給付型年金に対し、これは […]

直接金融・間接金融

資金を必要とする企業や国などが、銀行などの第三者を介入させずに、社債・株式・公債を発行して、必要な資金を証券市場を通じ直接貸し手から調達することを直接金融、企業や政府が必要な資金を、銀行などの金融機関 […]

IT革命

ITはInformation Technology の略で、情報技術を指す。 IT革命は、インターネットが商業化された1995年以降に加速した。インターネットを通して、消費者や企業は世界中の情報を簡単 […]

ストックオプション

会社が役員や従業員に対して、将来の一定の期間内に、あらかじめ決めておいた価格で、一定数の自社株式を買い取る自社株購入権(オプション〈option〉)を与える制度。 アメリカでは1920年代に誕生して以 […]

金融ビッグバン

わが国では1997年の「金融システム改革のプラン」に盛り込まれた政策のこと(ビッグバンの本来の意味は、宇宙誕生の原因となった大爆発のこと)。 もともと金融ビッグバンとは1986年の英国における証券市場 […]

1 14