金融用語解説

1/14ページ

消費生活アドバイザー

消費者と企業のパイプ役としておもに消費者の苦情・相談に応じ、アドバイスを行う専門家で経済産業省が認定する資格の一つ。 消費生活アドバイザーは、(財)日本産業協会が行う試験に合格することにより、資格が認 […]

クーリング・オフ

訪問販売などで、一定の期間内であれば、違約金を支払うことなく、一方的に契約を解除することができる制度(cooling-off=頭を冷やす)。 契約は、原則として一方的に解約することはできず、仮に解約し […]

マルチ商法

商品やサービスの販売員になって販売利益を得ると同時に、他人を販売員になるよう勧誘し、一定のリクルート料(紹介料)が得られる商法。 これは特定商取引法では連鎖販売取引として規制している。 販売員が一定の […]

預金保険制度

金融機関が万一破綻しても、預金者の預金を一定額まで保護する制度。 保護の上限は、1 金融機関ごとに預金者1人当たり元本(預金額)1,000万円までと利息の範囲内となっている(保険金が支払われる)が、当 […]

外貨預金

日本の通貨「円」ではなく「外国の通貨」で預ける預金のこと。 外貨預金をするために用意した日本円は、預け入れるときに決められた為替レートで計算して外貨に替えられ、利息も外貨建ての元本に対して外貨で支払わ […]

奨学金

学業を継続するために、貸与または給付されるお金。 わが国では、大学や専門学校に通う学生の2.6人に1人が日本学生支援機構の奨学金の貸与を受けており、大学独自の奨学金(注1)なども含めると約2人に1人が […]

規制緩和

経済活動に対する政府のさまざまな公的規制を廃止・緩和すること。 公的規制とはさまざまな理由から自由な市場競争を制限するものである。例えば需給調整の観点から参入規制、輸入規制、価格規制などが行われている […]

1 14