金融用語解説

スポンサーリンク
金融用語解説

金融商品仲介業者

金融商品仲介業者とは、金融商品取引法第六十六条の規定により内閣総理大臣の登録を受けた者のことである。
金融用語解説

金融商品取引業者

金融商品取引業者とは、金融商品取引法第二十九条の規定により内閣総理大臣の登録を受けた者のことである。
金融用語解説

有価証券の私募

有価証券の私募とは、取得勧誘であって有価証券の募集に該当しないもののことである。
金融用語解説

金融自由化

銀行、証券会社、保険会社等に対する規制を緩和して、金融機関の業務を自由化していくこと。 戦後わが国の金融機関は、競争が少なく、最も効率の悪い金融機関でも生き残れる方式であった。 しかし欧米で実施された金融自由化の波が押し寄せ、日本の金融...
金融用語解説

プリペイドカード

商品・サービス購入に用いられる代金前払い、商品後渡し決済方式のカード。 首都圏のJRと私鉄などで使えるSuicaやPASMO、NTTのテレホンカード、図書カード、いろいろな方面に使われる電子マネーであるEdyなどがこれにあたる。Edy、S...
金融用語解説

意思決定

ある欲求を充足し、目的を達成するために、自己の判断と責任を持って最適と思われるものを選び出すこと。 消費者にとっての意思決定は、個人の価値観や金銭管理とも深く結びついていて、どのように生活していくかを選ぶことでもある。 そのプロセスは、...
金融用語解説

製造物責任法

製造物の欠陥により人の生命、身体または財産に被害が生じた場合、製品の欠陥を証明することにより、その製品の製造者に対して損害賠償責任を負わせることを定めた法律。PL法(Product Liability;製造物責任)ともいう。1994年に制定...
金融用語解説

自己責任

自分が選択したことにより利益を受けるだけでなく失敗のリスクも自ら負うこと。 規制緩和政策のもとで市場競争の促進が経済社会の効率性を高め、経済成長が図られるという文脈から、近年とくに、政府や自治体が消費者や市民の自己責任を強調するようになっ...
金融用語解説

流通

消費者と生産者の間を取り持って、商品やサービスを生産者から消費者へ円滑に移転させる働き。生産者と消費者の間に入る卸売り業者や小売店などがその担い手である。 流通には、場所的に離れている生産者から消費者へ商品を輸送する機能や、商品が生産され...
金融用語解説

日経平均株価

1949年5月16日における東京証券取引所上場225銘柄の単純平均である176円21銭を基準値として、株価指数としたもの。 計算式は日経225=225銘柄の株価合計/除数 除数は、指数の連続性を保つ目的で、株式分割や銘柄変動の影響を除く...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました