金融用語解説

スポンサーリンク
金融用語解説

金融商品仲介業者

金融商品仲介業者とは、金融商品取引法第六十六条の規定により内閣総理大臣の登録を受けた者のことである。
金融用語解説

金融商品取引業者

金融商品取引業者とは、金融商品取引法第二十九条の規定により内閣総理大臣の登録を受けた者のことである。
金融用語解説

有価証券の私募

有価証券の私募とは、取得勧誘であって有価証券の募集に該当しないもののことである。
金融用語解説

ウェブマネー

インターネット上のゲームや音楽などのデジタルコンテンツの購入や通販サイトの支払に特化した決済カードで、一定の金額を使用限度としたプリペイド型カード。 通常カードに記載された16桁の番号をネット上で入力することで決済が可能となる。コンビニエ...
金融用語解説

セーフティネット

あらかじめ予想される危険や損害の発生に備えて、被害の回避や最小限化を図る目的で準備される制度やしくみ。 規制緩和の経済政策が進み、消費者の選択の範囲が広がると同時に、思わぬ損害をこうむる事態も発生しうる。1990年代後半には銀行や保険会社...
金融用語解説

金融機関

金融機関 資金を必要とする者と資金を貸す余裕のある者の間に立って資金の融通を仲介する銀行、証券会社、保険会社などの機関。 日本の金融機関は中央銀行(日本銀行)、民間金融機関、公的金融機関に大別される。 民間金融機関にはまず、預...
金融用語解説

複利

利子にもまた利子がつくこと。 たとえば、元金(もともとのお金)が100万円あり、この100万円を金利2%(年利)で1年間預金したとすると、1年後には102万円になる。この場合、2万円は、元金に対してついた利子である。この2万円も含めて(つ...
金融用語解説

株式会社

必要とする資金を多数の株式に分けて、多くの人々から資金を集め事業を行う組織。 株式を購入する人は株主と呼ばれ、出資額を限度に責任を負う。事業の経営は専門的な経営者に任され、株主は所有する株式の株価の動きに関心を注ぐ。2006年に新会社法が...
金融用語解説

財テク

ハイテクノロジー(高度先端技術)の略語であるハイテクをまね、財産を殖やす意味でつくられた造語。 手持ちの資金で高収益を得ようと、バブル経済全盛期に、より有利な金融商品の選択、株式投資、土地・不動産への投資等その内容は多様化した。しかし、バ...
金融用語解説

ローン

資金の貸付け行為のこと。 銀行などの金融機関、信販会社、クレジットカード会社、消費者金融会社などのノンバンクなどがローンを販売している。 個人向けでは消費者の信用力だけで貸付を行う消費者ローンと、住宅を購入したり増改築するときに利用する...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました