金融用語解説

1/14ページ

悪質商法

一般には商取引の駆け引きとして社会通念(常識)上の許される限度を超えて、不当な利益を得る事業者の販売行為。 悪徳商法、問題商法などともよばれる。これらには、マルチ・マルチまがい商法(商品を販売しながら […]

生活設計

将来に向かって、望ましい、こうありたいという生活像を描き、そのような生活はどのような条件・状況のもとで実現可能かを考え、目的達成のため、具体的計画を立てること。 消費生活の安定・向上、健康づくり、子供 […]

金融庁

2000年7月に金融監督庁と大蔵省金融企画局が統合して発足した行政機関。 2001年1月の省庁再編により、金融機関の不良債権・破綻問題に対処する目的で1998年に設置されていた金融再生委員会も金融庁に […]

分散投資

分散投資 お金を投資(運用)する際に、投資の対象などについて、集中するのではなく、「分散」すること。 投資対象について、1つの(少数の)資産に投資するのではなく、性質がなるべく異なる複数の(多数の)資 […]

金融商品取引法

投資性のある金融商品を取引する際の利用者保護と透明で公正な市場づくりを目指して、2007年10月から本格施行された法律。 利用者保護については、証券取引法を改正して従来の法制のすき間を埋め、投資性のあ […]

家計管理

家庭経済の諸活動全体を管理すること。 家族および個人の欲求充足とよりよい生活の創造を目的に、所得、消費、貯蓄、負債等を把握し、それらのバランスをとることにより生活の安定・向上を図る手段。手法としては、 […]

社会保険

社会的な相互扶助の精神に基づき、社会生活上の事故(疾病、死亡、障害、退職、失業、老齢)によって生じる生計の破綻を防止するため、保険料を主要財源として一定基準による給付を行い、生活保障を図る公的保険制度 […]

1 14