財政投融資の基礎知識

1/5ページ

発生主義

現金の授受にかかわらず、財貨・役務の経済価値の増加減少の事実が発生した時に、収益および費用を認識し計上する基準をいいます。 財政投融資特別会計については、平成13年度以後、財務状況を明らかにする観点か […]

運用残

財政投融資計画に計上した財政融資や政府保証などの予定額のうち、実行されなかった金額をいいます。 なお、財政融資資金の運用残額については、この額に見合う財投債発行を行わず、また、政府保証債の運用残額につ […]

補償金免除繰上償還

財政融資資金は、できる限り低利の資金を供給するために、貸付金利と調達金利を同一とし、利ざやを取らずに長期・固定の貸付けを行いながら収支相償うように運営されていることから、財投機関が繰上償還を行う際には […]

診断表

診断表 財務状況把握ヒアリングを実施した全ての地方公共団体について、財務状況やその悪化要因を分かりやすく示した文書のことで、平成22年度以降、財務局から各地方公共団体に対して提示しています。 出所:財 […]

ALM

ALM – 財政投融資の基礎知識 『資産(Asset)および負債(Liability)の総合管理』をいい、金融機関などにおいて財務の健全性を確保するために行われている経営管理手法の一つです […]

マチュリティギャップ

各期間における資産(貸付金の回収など)及び負債(財投債の償還など)の満期額の差を、マチュリティギャップといいます。このギャップがある場合、資産の再運用と負債の再調達の時期にズレがあり、金利変動リスクが […]

1 5