財政投融資リポート

1/4ページ

金利変動リスク

金利変動リスク 金利の変動によって、損益が変動するリスクをいいます。例えば、負債の借換が生じた際に、従前より高い金利で資金を調達することとなった場合、調達金利が貸付金利を上回り(逆ざや)、損失を蒙る可 […]

財政融資資金証券

財政融資資金に属する現金に不足があるとき、財政投融資特別会計の財政融資資金勘定の負担において発行し、一時不足額を補足することができる政府短期証券をいいます。発行限度額については予算をもって国会の議決を […]

証券化

証券化 – 財政投融資リポート 一般に証券化とは、不動産や債権などキャッシュフローを生み出す資産を裏付けとして証券を発行し、それを投資家に販売することを通じて、当該資産の保有者が資金調達を […]

剰余金

一般に剰余金は、国の会計上で、毎会計年度末における歳入(収納済額)から歳出(支出済額)を控除した残額(歳計剰余金)をいいます。財政融資資金勘定の剰余金は、これまでの貸付金の利子収入などから財投債の利払 […]

繰上償還

固定金利でお金を貸し借りする場合、貸し手・借り手の双方とも、将来の金利水準の変動に対して一定のリスクを負うことになります。借り手は、金利が上昇しても低い金利で借り続けられる一方、金利が低下しても高い金 […]

財投機関

財投機関 財投機関とは、当該年度に財政投融資を活用している機関を指します。財政投融資には、具体的な資金供給の手法として、財政融資、産業投資、政府保証の3つの方法がありますが、それぞれ対象が異なります。 […]

政策コスト分析

政策コスト分析 ◆政策コスト分析導入の経緯 政策コスト分析については、将来の国民負担に関するディスクロージャーや財政の健全性を確保する観点から、平成9年11月の「資金運用審議会懇談会とりまとめ」におい […]

1 4