財政資金対民間収支

スポンサーリンク
財政資金対民間収支

一時借入金

国庫または特別会計等において、受入と支払のタイミングのずれによって発生する一時的な現金不足を補うために、財政法や特別会計に関する法律に基づいて借入れる短期の借入金です。 一時借入金は、原則として借入が行われた会計年度内に償還(返済)しなけ...
財政資金対民間収支

国税収納金整理資金

国税収納金等をこの資金に受け入れ、過誤納金の還付金等は、この資金から支払い、その支払った金額を除いた国税収納金等の額を国税収入その他の収入とすることによって、国税収入に関する経理の合理化と過誤納金の還付金等の支払に関する事務処理の円滑化を図...
財政資金対民間収支

地方交付税交付金

地方公共団体の自主性を損なわずに、地方財源の均衡化を図り、かつ地方行政の計画的な運営を保障するために、国税5税(所得税、法人税、酒税、消費税及びたばこ税)の一定割合について、国から地方公共団体に交付するものです。 地方公共団体に交付する交...
財政資金対民間収支

受入超過(受取超過)

ある期間中における国庫金の受入額が支払額を上回ることです。 出所:財政資金対民間収支(財務省)
財政資金対民間収支

国庫短期証券等

財政資金対民間収支(対民収支)における資金調達に関する項目の一つで、国庫短期証券の発行及び元本償還(返済)並びに一時借入金の借入及び元本償還(返済)に伴う現金受払が計上されています(利払費は「特別会計等」の「その他」に計上されます)。 「...
財政資金対民間収支

特別会計等

財政資金対民間収支(対民収支)における項目の一つで、各特別会計、公庫、その他様々な国庫金の民間との間の受払が計上されています。 本項目は、「財政投融資」、「社会資本整備事業」、「外国為替資金」、「保険」及び「その他」に区分されています。国債...
財政資金対民間収支

外国為替資金

特別会計に関する法律第71条の規定に基づき、政府の行う外国為替等の売買(為替介入等)及びこれに伴う取引を円滑に行うために設置された資金です。 外国為替資金(外為資金)の運営によって生じる損益の経理を行うため、外国為替資金特別会計(外為特会...
財政資金対民間収支

国庫短期証券

政府短期証券(FB)及び割引短期国庫債券(TB)を発行する際の統一名称です。 平成21年2月から、FB及びTBを発行する場合には、すべて「国庫短期証券(T-Bill)」という名称で発行されることとなりました(発行根拠がFBのみ、TBのみの...
財政資金対民間収支

防衛関係費

自衛隊の維持運営経費のほか、防衛施設周辺の生活環境の整備、在日米軍駐留支援などに必要な経費です。 防衛関係費は(1)人件・糧食費と(2)物件費に大別され、さらに、物件費は(イ)歳出化経費と(ロ)一般物件費に分けられます。 財政資金対民間...
財政資金対民間収支

外国送金

外国送金とは、外国に居住する債権者に対して外国為替をもって国庫金を送金する方法をいいます。なお、「邦貨建(在外公館職員の俸給等支払)」及び「外貨建(国際機関への分担金等)」で送金することが可能です。現在、外貨建送金のうち、外国送金の大半を占...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました