財政資金対民間収支

スポンサーリンク
財政資金対民間収支

財政投融資

財政投融資 国債の一種である財投債の発行などにより調達した資金を財源として、政策的な必要性があるものの、民間では対応が困難な長期・低利の資金供給や、大規模・超長期プロジェクトの実施を可能とするための投融資活動です。 財政資金対民間収...
財政資金対民間収支

保険

保険 財政資金対民間収支(対民収支)における項目の一つで、政府が行う保険事業を運営する7特別会計(地震再保険、年金、農業共済再保険、森林保険、漁船再保険及び漁業共済保険、貿易再保険及び労働保険)における民間との間の受払が計上されています。...
財政資金対民間収支

借入金

財政法や特別会計に関する法律に基づき、国が借入れる借入金です。 広義の借入金には、一時的な現金不足を補うための一時借入金と財源不足を補うための(狭義の)借入金があります。 (狭義の)借入金は、基本的に会計年度を跨いで償還(返済)されるも...
財政資金対民間収支

支払超過

ある期間中における国庫金の支払額が受入額を上回ることです。 出所:財政資金対民間収支(財務省)
財政資金対民間収支

義務教育費

義務教育諸学校(公立の小中学校、中等教育学校の前期課程及び特別支援学校の小中学部等)における教職員の人件費(給与及び報酬等)です。 義務教育費の国庫負担は、義務教育費国庫負担法第2条の規定により、市町村立学校の教職員の人件費を都道府県の負...
財政資金対民間収支

支払元受高制度

特別会計については、その手許現金すべてが国庫金を構成するものの、支払いはそれぞれの手許現金の範囲内で行う必要があり、手許現金がマイナスとなってはならないことが各特別会計の施行令に規定されています。 唯一の例外として、国債整理基金特別会計に...
財政資金対民間収支

公共事業費

国や地方自治体が、市場経済のみでは供給が困難な公共施設の整備を行うために必要な経費です。 公共事業には、事業主体別に、(1)直轄事業、(2)補助事業、(3)地方単独事業、(4)その他がありますが、国の予算における公共事業費は、(1)直轄事業...
財政資金対民間収支

社会資本整備事業

道路、港湾、空港、ダム等の社会資本の整備を行うための事業です。 財政資金対民間収支(対民収支)上の「社会資本整備事業」は、社会資本整備事業特別会計(社会資本特会)の民間との間の受払を計上しています。 受入としては、地方公共団体や受益者か...
財政資金対民間収支

公庫

全額政府出資により設立された公法人であり、民間金融機関では取扱が困難なものに対して、政府に代わって投融資活動を行う政策金融の実施機関です。 平成20年10月に、(株)日本政策金融公庫(日本公庫)が設立されたことに伴い、公庫の名称が付されて...
財政資金対民間収支

社会保障費

年金、医療、介護、雇用、生活保護等の社会保障に係る経費です。 予算の一般会計主要経費のうち社会保障関係費においては、(1)年金医療介護保険給付費、(2)生活保護費、(3)社会福祉費、(4)保健衛生対策費、(5)雇用労災対策費の5つに分類され...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました