外国人問題基本用語集

スポンサーリンク
外国人問題基本用語集

プロジェクトHippy(ドイツ)

Home Instruction for Parents of Preschool Youngsters「就学前児童のための家庭教育プログラム」。1969 年にイスラエルで発案され、現在世界10 カ国程度で実施されている。主に移民家庭の就学...
外国人問題基本用語集

フランス暴動

2005 年10 月末から11 月中ごろまで、フランスで若者による放火、投石、破壊行為などの暴動が各地で起こった。発端として10 月27 日に低家賃公営団地が多く移民世帯の集中する郊外で、二人の移民系少年が警官から逃げる途中に変電所で感電死...
外国人問題基本用語集

不法入国者

入管法24 条1 号に規定。有効な旅券、有効な乗員手帳を所持しないで入国した者。故意・過失を要件とはせず、外国人が日本人の旅券や偽造旅券を使って入国したときや形式的に乗員手帳を所持していても、実質的に乗員でなければ、不法入国が成立する。 ...
外国人問題基本用語集

不法入国罪

入管法70 条1 号に規定。有効な旅券(または乗員手帳)を所持しないで本邦に入った外国人は不法入国罪となる。本邦に入るとは「入国」することで、「上陸」とは異なり、我が国の領域に入ることである。旅券等が偽装・変造の場合も、そのことを知って入国...
外国人問題基本用語集

不法就労助長罪

入管法73 条の2 に規定。改正前は不法就労外国人を雇用・斡旋する者は、せいぜい資格外活動罪や不法残留罪の共犯(幇助罪。法定刑も本犯の2 分の1 にすぎない)として処罰できる程度であった。平成元年改正により、不法就労助長罪として、事業活動に...
外国人問題基本用語集

不法就労活動

まず、入管法70 条1項4 号に該当する場合を除き、第19 条第1項の規定に違反した収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動のことを言う。次に、永住者は除き、在留期間の制限を越えて期間の更新なしに在留する場合、不法残留者となって行う...
外国人問題基本用語集

不法上陸者

入管法24 条2 号に規定。上陸の許可を受けないで本邦に上陸した者。旅券に上陸許可の証印を受けないで本邦に上陸した者と、特例上陸である寄港地上陸、通過上陸、乗員上陸、緊急上陸、遭難による上陸、一時庇護のための上陸の許可を受けないで上陸した者...
外国人問題基本用語集

不法上陸罪

入管法70 条1 項2 号に規定。特例上陸許可、寄港地上陸許可、乗員上陸許可等を受けた場合を除き、上陸許可等を受けずに上陸した外国人は不法上陸罪に問われる。空港などで、上陸のための許可を受ける正規のルートを通らず、審査上を通過するなどした場...
外国人問題基本用語集

不法残留者

入管法24 条2 号の2、2 号の3、4 号のロ、5 号、5 号の2、6 号、6 号の2、7 号、8 号および9 号に規定。在留期間の更新又は変更を受けないで在留期間を経過して、本邦に残留する者、寄港地上陸、乗員上陸、緊急上陸、遭難による上...
外国人問題基本用語集

不法残留罪

入管法70 条1 項5 号に規定。在留期間の更新又は変更を受けないで在留期間を経過して本邦に残留する者に対して問われる犯罪。 出典:内閣府経済社会総合研究所
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました