EU関連用語集

1/6ページ

欧州委員会

EUの執行機関。「閣僚」に相当する各加盟国から1名ずつ任命された27名の欧州委員で構成(任期5年)。省庁に相当する各分野の総局が設置されており法案を提案、EU基本条約等に従って策定された諸規則を適用、 […]

シューマン・デー

1950年5月9日、当時フランス外相であったロベール・シューマンがパリで行ったシューマン宣言により、石炭・鉄鋼の共同管理のための超国家的な機構の創設を提唱し、後の欧州共同体、そして、EUの基礎となった […]

リスボン戦略

2000年3月のリスボン欧州理事会(首脳協議)において、10年間の期間を念頭においた経済・社会政策についての包括的な方向性が示され、以降「リスボン戦略」と呼ばれている。「より多い雇用とより強い社会的連 […]

結束基金

構造政策の実施スキームの一つで、GNI(国民総所得)がEU加盟国平均の90%を下回る国の交通・環境インフラ、エネルギー効率、再生可能エネルギーに焦点をあて支援するための基金。出典:EU関連用語集(外務 […]

欧州議会

諮問的機関から出発し、次第に権限を強化。特定分野の立法における理事会との共同決定権、EU予算の承認権、新任欧州委員の承認権等を有する。定数は754(2014年まで)。出典:EU関連用語集(外務省)

自由・安全・司法の空間

基本的人権の保障、シェンゲン共通査証政策、共通移民政策、民事・司法協力、警察間協力を通じて実現を目指すもの。リスボン条約の発効により、それまで決定手続きの異なっていた難民、移民、民事司法の分野と警察、 […]

関税同盟

加盟国間の貿易に対する関税・数量制限を撤廃し、域外に対する共通関税率と共通通商政策を適用したもの。出典:EU関連用語集(外務省)

リスボン条約

2009年12月1日発効。正式名称は、「欧州連合条約及び欧州連合の運営に関する条約」。拡大したEUが新たな課題に対応する能力を強化することを目的とし、常任の欧州理事会議長の任命、議長国制度の改革、意思 […]

決定

決定 読み方:けってい 納税申告を必要とする貨物についてその輸入の時までに納税申告がない時は、税関長はその調査により、納付すべき税額等を決定する。このような税関長の手続を決定という。(関税法第7条の1 […]

1 6