実効的相互協議手続マニュアル用語集

スポンサーリンク
実効的相互協議手続マニュアル用語集

OECD移転価格ガイドライン

OECDが1995年に最初に刊行し、随時改正される、多国籍企業と税務当局のための移転価格算定ガイドライン。本ガイドラインは、特殊関連企業間の移転価格を算定するための独立企業原則の使用に関する指針を定める。(出典:実効的相互協議手続マニュアル...
実効的相互協議手続マニュアル用語集

事前価格算定取決め

関係者間取引の前に、一定期間における、これらの取引に対する移転価格の決定に関する一連の適切な基準を定める取決め。(方法、これに対する同様及び適切な調整、将来発生する事象に関する重要な仮定等)。事前価格算定取決めには、一つの税務当局及び納税者...
実効的相互協議手続マニュアル用語集

タイ・ブレーカー規則

OECD モデル租税条約第4条、個人についてはパラグラフ2)、会社についてはパラグラフ3 のこれらの規則は、人が両方の条約国の国内税法に基づき、国内法上の居住者である場合において、租税条約上の単一居住性を決定することを求める。これが明らかに...
実効的相互協議手続マニュアル用語集

経済的二重課税

「経済的二重課税」は、二つの異なる法人が同一の所得又はその他の課税対象に対して二ヶ国以上の国によって課税された状態をいう。これは、例えば、一方の国の居住者である子会社が他方の国の親会社との間の取引で得た利益に対して二ヶ国が異なる見解を持ち、...
実効的相互協議手続マニュアル用語集

取引単位営業利益法

納税者が関連者間取引(又はOECD移転価格算定ガイドライン第1章の原則に基づき合算することが適切であるところの関連者間取引)から実現する適切な根拠(費用、売上高、資産等)に関連する売上純利益率を調査する取引単位利益法。(出典:実効的相互協議...
実効的相互協議手続マニュアル用語集

恒久的施設

OECDモデル租税条約第5条によって定義される用語であり、条約相手の居住企業の営業利益を他方の条約相手において、 第7条 に基づき課税することができるかを決定するために使用される。第7条で明確にされるように、このように課税される営業利益の金...
実効的相互協議手続マニュアル用語集

濫用防止規則

納税者が租税の減免、回避又は繰延を得る目的のためのみに、租税を回避又は税法を濫用することを防止することを意図した国内租税法。
実効的相互協議手続マニュアル用語集

移転価格

特殊関連企業間の取引に適用される条件。(出典:実効的相互協議手続マニュアル(MEMAP)用語集)
実効的相互協議手続マニュアル用語集

外国所得免除方式

OECDモデル租税条約第23A条に基づく二重課税の救済方法。この方法では、条約相手国の一つの居住者(「R」)が租税条約に基づき他方の条約国(本目的上「源泉国」という)で課税される可能性のある金額を受け取った場合においては、居住国はRに課税す...
実効的相互協議手続マニュアル用語集

取引単位利益法

参加する一以上の特殊関連企業の特定の関連者取引から発生する利益を調査する移転価格算定法。(出典:実効的相互協議手続マニュアル(MEMAP)用語集)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました