投資の基礎知識

スポンサーリンク
投資の基礎知識

投資可能期間

NISA口座およびジュニアNISA口座ともに平成35年までです。NISA口座やジュニアNISA口座を開設した人は、平成35年まで毎年、非課税投資ができます(投資可能期間)。また口座を開設していない人は、平成35年まで口座を開設することができ...
投資の基礎知識

MRF

株式や投資信託等の購入、カード利用代金の引落、給与振込等に利用される証券総合口座用の投資信託で日々決算型の公社債投資信託の一つ。投資信託協会の規則において、投資先資産が制限されており、投資信託の中で最もリスクの低い運用を行っている投資信託と...
投資の基礎知識

運用報告書

投資信託がどのように運用され、その結果どうなったのかを決算ごとに受益者(投資家)に報告する説明書。運用報告書には「交付運用報告書」と「運用報告書(全体版)」があり、2014年12月以降決算を迎えた投資信託より、従来の運用報告書に代えて、「交...
投資の基礎知識

ターゲット・デート型投資信託

ライフサイクルファンドの一種類で、事前にある年(ターゲットイヤー)を定め、ターゲットイヤーが近づいてくるにつれて組み入れ資産の比率を変更する投資信託のこと。一般的にはターゲットイヤーが近づいてくるにつれ、株の組み入れ比率を引き下げ、その分債...
投資の基礎知識

非課税投資枠

NISA口座の非課税投資枠は年間120万円までです。ジュニアNISA口座は年間80万円までです。単に「非課税枠」、「非課税投資額(上限額)」と称する場合もあります。なお、その年の非課税投資枠の未使用分を、翌年以降に繰り越すことはできません。...
投資の基礎知識

株式投資信託

約款上、株式の組入れが可能な投資信託のこと。株式投資信託には、株式の組入比率を一定限度に抑えたものから限度を設けないものまで、また地域を限定したものや産業を特定したもの、各種株価指数に連動するもの等いろいろな種類があります。出典:投資の基礎...
投資の基礎知識

投資信託

投資信託 「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」のこと。「集めた資金をどのような対象に投資するか...
投資の基礎知識

ジュニアNISA

ジュニアNISAとは、平成28年度から始まった未成年者を対象とした少額投資非課税制度です。未成年者(0~19歳)を対象に、年間80万円分の非課税投資枠が設定され、上場株式、株式投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象となります。出典:投資の基...
投資の基礎知識

元本払戻金

収益分配金には課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配金)」の区分があります。これは、受益者が収益分配金を受取る際、イ.当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本と同額または上回っている場合には、当該...
投資の基礎知識

特定口座

上場株式等(平成28年からは特定公社債や公募公社債投資信託も対象)の取引から生じた年間損益を証券会社等が計算するサービスを提供する口座のこと。この特定口座には、「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の2つの種類があります。「源泉徴収あり」を選択...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました