公的年金用語集

1/8ページ

保険料免除制度

本人、世帯主、配偶者の所得が一定以下のときに、国民年金保険料の納付が免除される制度。 出典:厚生労働省

社会的扶養

高齢者や子どもなど働くことのできない人を、社会全体で支えること。 出典:厚生労働省

学生納付特例制度

大学などに在学中で、本人の所得が一定以下のときに、国民年金保険料の納付が猶予される制度。 出典:厚生労働省

在職老齢年金

年金受給年齢に到達している方が、在職しながら受け取る年金のことで、賃金と年金の合計額に応じて、一部または全部が支給停止される。 出典:厚生労働省

第3号被保険者

第2号被保険者に扶養される20歳以上60歳未満の配偶者。国民年金にのみ加入する。 出典:厚生労働省

物価スライド

年金額を物価上昇率によって改定すること。受給開始後の年金額は、原則、物価の水準に応じて改定する。 出典:厚生労働省

共済年金

国家公務員、地方公務員や私立学校の教職員が加入する公的年金だが、平成27年10月から厚生年金と一元化される。 出典:厚生労働省

1 8