財政投融資の基礎知識

1/6ページ

診断表

財務状況把握ヒアリングを実施した全ての地方公共団体について、財務状況やその悪化要因を分かりやすく示した文書のことで、平成22年度以降、財務局から各地方公共団体に対して提示しています。 出所:財政投融資 […]

繰越

財政投融資計画額のうち、対象事業の進捗などに併せて計画の実行を翌年度に繰り越すことをいいます。 出所:財政投融資の基礎知識(財務省)

デュレーションギャップ

資産のデュレーションと負債のデュレーションの差をデュレーションギャップといいます。このギャップがある場合、金利変動による現在価値の変動幅が資産と負債とで異なるため、金利変動リスクが生じる要因の一つとな […]

財政融資資金貸付金利

財政融資を行う際に、貸付金に付す金利をいいます。 財政融資資金貸付金利は、貸付期間に応じ、国債の流通利回りを基準として、償還方法や据置期間を反映させて定めています。 なお、財政投融資特別会計は一般会計 […]

臨時財政対策債

臨時財政対策債 – 財政投融資の基礎知識 地方債は原則として、公営企業(交通、ガス、水道など)の経費や建設事業費の財源を調達する場合など、地方財政法第5条に掲げる場合において発行できること […]

据置期間

貸付を受けた日以降、元金を償還せず、利子のみを支払う期間をいいます。 出所:財政投融資の基礎知識(財務省)

現額

当該年度の財政投融資計画額と前年度からの繰越額を合計したものを指します。 出所:財政投融資の基礎知識(財務省)

発生主義

現金の授受にかかわらず、財貨・役務の経済価値の増加減少の事実が発生した時に、収益および費用を認識し計上する基準をいいます。 財政投融資特別会計については、平成13年度以後、財務状況を明らかにする観点か […]

財政融資資金特別会計

財政融資資金の運用に関する経理を一般会計と区分して明確にするために設置された特別会計を指します。 昭和26年度に資金運用部資金の運用に伴う歳入歳出を一般会計と区分して経理するため設置された資金運用部特 […]

アーニング・アット・リスク

リスクを管理する手法の一つで、将来の一定期間の損益について、モンテカルロシミュレーションなどにより分析を行い、一定の確率で起こりうる損益の変動を把握するものです。 出所:財政投融資の基礎知識(財務省)

1 6