財政資金対民間収支

1/3ページ

義務教育費

義務教育諸学校(公立の小中学校、中等教育学校の前期課程及び特別支援学校の小中学部等)における教職員の人件費(給与及び報酬等)です。 義務教育費の国庫負担は、義務教育費国庫負担法第2条の規定により、市町 […]

支払元受高制度

特別会計については、その手許現金すべてが国庫金を構成するものの、支払いはそれぞれの手許現金の範囲内で行う必要があり、手許現金がマイナスとなってはならないことが各特別会計の施行令に規定されています。 唯 […]

公共事業費

国や地方自治体が、市場経済のみでは供給が困難な公共施設の整備を行うために必要な経費です。 公共事業には、事業主体別に、(1)直轄事業、(2)補助事業、(3)地方単独事業、(4)その他がありますが、国の […]

社会資本整備事業

道路、港湾、空港、ダム等の社会資本の整備を行うための事業です。 財政資金対民間収支(対民収支)上の「社会資本整備事業」は、社会資本整備事業特別会計(社会資本特会)の民間との間の受払を計上しています。 […]

公庫

全額政府出資により設立された公法人であり、民間金融機関では取扱が困難なものに対して、政府に代わって投融資活動を行う政策金融の実施機関です。 平成20年10月に、(株)日本政策金融公庫(日本公庫)が設立 […]

社会保障費

年金、医療、介護、雇用、生活保護等の社会保障に係る経費です。 予算の一般会計主要経費のうち社会保障関係費においては、(1)年金医療介護保険給付費、(2)生活保護費、(3)社会福祉費、(4)保健衛生対策 […]

公債利子支払資金

利付国債の利子の支払を行うための資金で、財源は国債整理基金特別会計から受け入れ、期日にその払出を行います。利付国債の利払は、年2回で半年毎に行われますが、5年債、10年債、20年債の利払が6・9・12 […]

収支尻

財政資金対民間収支における受入額と支払額の差額のことです。 収支尻がプラスであれば受入超過、マイナス(△)であれば支払超過を意味します。 出所:財政資金対民間収支(財務省)

国債等

財政資金対民間収支(対民収支)における資金調達に関する項目の一つで、国債(割引短期国庫債券を除く)の発行及び元本償還(返済)並びに借入金(交付税及び譲与税配付金特別会計における借入金を除く)の借入及び […]

税外収入

租税及び公債発行収入金以外の収入のことです。 財政資金対民間収支(対民収支)上の「税外収入」には、租税及び公債発行収入金以外の一般会計の現金収入額が計上されます。主なものとしては、国有財産売払収入、日 […]

1 3