現代用語辞典

1/2ページ

陰陽契約

陰陽契約の意味 読み方:いんようけいやく 英語表記:positive and negative contract 陰陽契約とは、二者間の契約において、裏契約と表向きの契約(偽の契約)の2種類の契約を締 […]

98年方式

98年方式とは、1998年に当時の民主党が行った、政党による存続合併のことである。民主党は、新党友愛や民政党、民主改革連合の3つの政党を吸収して、新たな体制のもとで民主党を再結成している。 政党の合併 […]

よさってる

別名:よさっている よさってるとは、髪の毛がぼさぼさの状態を表す若者言葉である。 よさってるは、「よさ」と「~している」を合わせた語で、「よさ」は作家の与謝野晶子の意味である。与謝野晶子の代表作である […]

天気痛

天気痛とは、天気の変化を原因として頭痛やめまい、肩こり、古傷の痛みなどを発症すること。症状は人それぞれ異なるが、一般的には人体の弱い箇所に症状が出ることが多い。 天気痛は、6月の入梅頃に発症しやすい傾 […]

アカハラ

アカハラとは、アカデミックハラスメントの略で、大学などにおいて立場の強い者が弱い者に対して行うハラスメント行為のこと。アカハラの例としては、教職員の学生に対する暴言、教授の准教授に対する暴言などが挙げ […]

マストドン

マストドン(Mastodon)とは、ドイツのオイゲン・ロッコ(Eugen Rochko)の開発したサーバー分散型SNSのこと。Twitterなど従来のSNSでは、運営会社のサーバーにメッセージなどのデ […]

トゥート

トゥート(toot)とは、分散型SNS「マストドン」で投稿することを意味する語。Twitterの「ツイート」に相当する語である。トゥートは、日本語では、口笛を吹く、ラッパを鳴らすといった意味がある。

ギャップ萌え

従来抱いていたイメージとは異なる行動や仕草に、その人物に対して強い好意などの感情を持つこと。ちなみに、あまりよくない印象を持つことをギャップ萎えという。

ギャップ萎え

従来抱いていたイメージとは異なる行動や仕草に、その人物に対してあまりよくない感情、印象を持つこと。ちなみに、強い好意などの感情を持つことをギャッ萌えという。

キッズウィーク

学校の夏休みや冬休みなどの長期休暇の一部を地域ごとに別の次期に振り分けて、独自の大型連休を取れるような仕組みのこと。教育再生実行会議において提言された。