開発教育関連用語

1/3ページ

識字

ユネスコの定義では「日常生活で用いられる簡単で短い文章を読み書きできること」となっています。「非識字者」は、貧困や紛争などの理由で教育が受けられなくて、読み書きや計算ができない状態でいる人たちを指しま […]

アイスブレイキング

日本語に直訳すると「氷を砕く」いう意味ですが、開発教育においては簡単なゲームを用いて、固い場の雰囲気を和らげ、学習者がよりリラックスして、積極的に学習に参加しやすい環境をつくることを表します。 出典元 […]

BHN

BHNとはBasic Human Needsのことで、食料・栄養面も含めた途上国の住民の生活水準の向上をめざすにあたり、衣・食・住・教育・医療などの基礎的生活にかかわる分野を指します。 出典元:開発教 […]

研修員

開発に貢献する人材を養成するために、主に開発途上国の人々をわが国に招いて、技術指導を行っています。 出典元:開発教育関連用語(外務省)

NGO

Non-Governmental Organizationの略語。日本語では「非政府組織」、あるいは「市民団体」「民間団体」などと訳されます。本書では国際協力に携わっている市民団体を指すことが多いです […]

ロールプレイ

演劇のように、一人ひとりが役柄(ロール)を決めてその役柄になりきって意見交換をする学習方法です。様々な立場に立つことによって、様々な立場を理解したり、一つの問題をより深く考えることができるようになり、 […]

NPO

Non-Profit Organizationの略語。「非営利団体」と訳され、営利を目的としない市民活動であることを明確にするために使われています。 出典元:開発教育関連用語(外務省)

ランキング

様々な選択肢をよいと思う順にならべる開発教育の手法の一つ。これを通して、他者との意見交換を行ったり、自らの考えを整理したり深めたりします。それによって、多様なものの見方に気づくことができます。 出典元 […]

1 3