日本の軍縮・不拡散外交

1/11ページ

汚い爆弾

核兵器と異なり、核爆発は起こさないが、通常爆薬を用いて放射性物質をまき散らすことにより、人を殺傷し、又は財産若しくは環境に損害を与える爆弾。9.11同時多発テロを契機に、汚い爆弾を用いての核テロの危険 […]

混合酸化物

燃料酸化ウランと酸化プルトニウムなどを混合して作られた核燃料。出典:外務省 日本の軍縮・不拡散外交

爆発性戦争残存物

不発弾及び遺棄弾の総称。2003年11月の特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)締約国会議において、「爆発性戦争残存物(ERW)に関する議定書(第5議定書)」が採択され、2006年11月に発効した。出 […]

原子力基本法

日本の原子力活動に関する最も基本的な法律。1955年制定。第2条により、日本の原子力研究、開発及び利用は平和目的に限定されている。出典:外務省 日本の軍縮・不拡散外交

3S

核不拡散の担保のための保障措置(Safeguards)、原子力安全(Safety)及び核セキュリティ(Security)の頭文字をとった造語。原子力の平和的利用、特に原子力発電を行う国はこの3つを確保 […]

放射性同位元素

原子の科学的性質を決める原子番号が同じで、原子の質量数が異なるもの同士を同位元素(又は同位体)と言い、その中で放射性を有するものを、放射性同位元素という。出典:外務省 日本の軍縮・不拡散外交

核兵器廃絶決議

日本が、1994年以来毎年、国連総会に提出し、圧倒的多数の支持を得て採択されてきている核軍縮に関する決議。その内容は、核兵器のない平和で安全な世界に向けた、現実的・漸進的アプローチに基づく取組を示すも […]

国連アジア太平洋平和軍縮センター

アジア太平洋諸国の平和・軍縮への活動を支援するために1988年、国連軍縮局(現在の軍縮部)の中に設立された組織。通称「カトマンズ・センター」。日本政府協力の下、ほぼ毎年日本において国連軍縮会議を開催し […]

対人地雷禁止条約

カナダ政府が1996年10月にオタワで開催した国際会議に端を発するオタワ・プロセス(NGOと賛同国のみで対人地雷全面禁止を条約化するというもの)を通じ作成された条約。1999年3月発効。対人地雷の使用 […]

希望の星

極東ロシアにおける退役原子力潜水艦の解体に関する日本とロシアの協力事業。解体作業が行われる「ズヴェズダ造船所」(ズヴェズダはロシア語で「星」の意味)に因んで、「希望の星」と命名された。また、「希望の星 […]

1 11