国税

1/4ページ

振替納税制度

税金を納付する便利な方法として振替納税制度がある。これは、税務署から納税者名義の納付書をその納税者が預貯金口座を有する金融機関に送付し、金融機関がその納税者の口座から納税者に代わって税金を納付するとい […]

電子帳簿保存制度

税法上、保存が義務付けられている帳簿及び書類については、原則、書面での保存が必要とされているが、申請により承認を受けた場合に、一定の要件の下、その書面の代わりに電磁的記録による保存を行うことを認める制 […]

徴収手続

国税債権を確保するための措置として、実体的な面で国税の優先権、手続的な面で自力執行権がある。 すなわち、国税は全ての公課(雇用保険料等)及び私債権に優先して徴収することが国税徴収法において規定されてい […]

徴収共助

徴収共助とは、租税債権の徴収において自国の領域外で公権力を行使することができないという制約がある中で、租税条約に基づき、各国の税務当局が協力して、互いの租税を徴収する制度である。 出典:国税庁(事務年 […]

地方公共団体との協力

国と地方公共団体との税務執行上の協力関係については、納税者利便の向上や国税及び地方税を通じた税務行政の効率化を図る観点から、各種税法の規定等に基づき、1 所得税確定申告書の市町村における収受、2 所得 […]

タックスアンサー

タックスアンサーは、よくある税の質問に対する一般的な回答をインターネット(携帯電話サイトを含む。)を通じて情報提供を行っているシステムである。 このシステムは、年々増加する税務相談需要に対応するため、 […]

ダイレクト納付

事前に税務署へ届出をした上、e-Taxを利用して電子申告等又は納付情報を登録した後に、届出をした預貯金口座からの振替により、簡単なクリック操作で即時又は期日を指定して納付ができるダイレクト納付を平成2 […]

相続税の物納制度

相続税については、一定の要件に該当した場合に相続財産による物納が認められている。 物納が認められるためには、1 延納によっても金銭で納付することを困難とする事由があること、2 申請財産が定められた種類 […]

相続税及び贈与税の延納制度

相続税及び贈与税については、一定要件に該当した場合に年賦延納が認められている。 相続税及び贈与税の延納が認められるためには、1 その税額が10万円を超えていること、2 納期限までに又は納付すべき日に金 […]

相互協議

相互協議とは、租税条約の規定に基づき、1国際的な二重課税が移転価格課税等により生じた場合又は生じると納税者が考える場合、あるいは2納税者が独立企業間価格の算定方法等に係る二国間の事前確認を国税庁に対し […]

1 4