総合資源エネルギー

スポンサーリンク
総合資源エネルギー

天然バリア

処分した放射性廃棄物から放射性物質が生活環境へ移行することを抑制するための,天然の岩盤からなる障壁。人工バリアとあわせて,多重バリアシステムを構成する。 出典:資源エネルギー庁
総合資源エネルギー

人工バリア

英語表記:EBS 英語表記:Engineered Barrier System) 処分した放射性廃棄物から放射性物質が生活環境へ移行することを抑制するために人工的に設けられる障壁。高レベル放射性廃棄物の地層処分における人工バリアは,...
総合資源エネルギー

ステークホルダー

利害関係者のこと。放射性廃棄物管理に関する意思決定プロセスにおいて果たすべき役割を持つか,あるいは同プロセスに興味を持つ全ての人々のこと。放射性廃棄物管理の分野においては,ステークホルダーもまた事業の段階に応じて変化するものと考えられる。 ...
総合資源エネルギー

低炭素社会

温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出が少ない社会。
総合資源エネルギー

エネルギー源のベストミックス

特定のエネルギーに偏らず、化石燃料(石油、石炭、天然ガスなど)や原子力、自然エネルギーなど、多様なエネルギー源を最適に組み合わせること。エネルギーの安定供給の確保や経済性の向上に貢献する。
総合資源エネルギー

天然ガス

天然に産出するメタンを主成分とする可燃性のガス。一酸化炭素をほとんど含まず、また、空気よりも軽いため、プロパンを主成分とするガスに比べ、安全性が高い。なお、液化天然ガス(LNG:Liquefied Natural Gas)は、天然ガスを極低...
総合資源エネルギー

系統電力

電力を需要地に供給するための発電・送電・変電・配電設備から構成されるシステムによって供給される電力。
総合資源エネルギー

パイプライン

石油やガスなどの輸送のために敷設された導管。
総合資源エネルギー

コストベネフィット

実施にあたって必要なコストと、結果としてもたらされる利益(ベネフィット)とを比較して、利益の方が大きいかどうかを考量すること。
総合資源エネルギー

資源ナショナリズム

資源ナショナリズム 資源を産出する国が、自国の利益を拡大するため、資源を自国で管理・開発しようとする動き。発展途上国における資源開発の多くが、外国の企業などによって行われている現状を背景としている。 資源ナショナリズム 自国に存在する...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました