総合資源エネルギー

スポンサーリンク
総合資源エネルギー

天然バリア

処分した放射性廃棄物から放射性物質が生活環境へ移行することを抑制するための,天然の岩盤からなる障壁。人工バリアとあわせて,多重バリアシステムを構成する。 出典:資源エネルギー庁
総合資源エネルギー

人工バリア

英語表記:EBS 英語表記:Engineered Barrier System) 処分した放射性廃棄物から放射性物質が生活環境へ移行することを抑制するために人工的に設けられる障壁。高レベル放射性廃棄物の地層処分における人工バリアは,...
総合資源エネルギー

ステークホルダー

利害関係者のこと。放射性廃棄物管理に関する意思決定プロセスにおいて果たすべき役割を持つか,あるいは同プロセスに興味を持つ全ての人々のこと。放射性廃棄物管理の分野においては,ステークホルダーもまた事業の段階に応じて変化するものと考えられる。 ...
総合資源エネルギー

地政学リスク

ある地域の政治的・軍事的な緊張が高まることによって、世界経済全体の先行きが不透明になる危険性のこと。
総合資源エネルギー

総合エネルギーサービス事業

従来の導管を使用したガスの供給という事業の枠にとどまらず、さらなる省エネ・省CO2等に資するサービスの提供、新たな需要家ニーズの喚起、再生可能エネルギー等の利用など、エネルギーの需給両面にわたる総合的かつ最適なサービスを行う事業。
総合資源エネルギー

固体高分子形燃料電池

電解質が高分子膜(フッ素系樹脂等)でできている燃料電池。動作温度が80~100℃と比較的低いため、家庭用や自動車用などに適しており、家庭用燃料電池は2009年度から一般販売されている。
総合資源エネルギー

二酸化炭素回収・貯留

二酸化炭素発生源から排出されるガス中の二酸化炭素を分離・回収し、それを地中もしくは海洋に貯留・隔離することにより、大気中に二酸化炭素が排出されるのを抑制する技術。
総合資源エネルギー

一次エネルギー

自然界に存在するままの形状で得られるエネルギー。石油・石炭・天然ガス等の化石燃料、原子力の燃料であるウラン、水力・太陽・地熱等の自然エネルギーなど。
総合資源エネルギー

化石燃料

石炭、石油、天然ガスなど、動物や植物の死骸が地中に堆積し、長い年月の間に変成してできた燃料資源。
総合資源エネルギー

分散型エネルギーシステム

分散型電源(33.)を用いてエネルギーを供給するシステム。需要と供給に見合った最適なエネルギー生産を行い、省エネ・省CO2を図ることができる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました