株式投資

スポンサーリンク
ローソク足・罫線用語

スマホ版アプリ「MT4」におけるローソク足の色の設定方法

スマホ版MT4のローソク足の色の設定手順 スマホ版アプリMT4(MetaTrader 4、メタトレーダー 4)のチャート画面における、ローソク足の色や画面の色は、自分の好みの色に設定することができる。 1.チャート表示画面から右スワ...
株式相場用語

小甘い

読み方:こあまい 小甘いとは、株式相場などにおいて、少しだけ下落している状態を指す用語である。閑散相場で大きな値動きがなく、株価がジリ貧で推移している様子を小甘いと表現する。小甘いは、「甘い」よりも下げ幅が小さい時に用いられる。
株式相場用語

買い優勢

読み方:かいゆうせい 買い優勢とは、株式相場において、買いに出されている株数が、売りに出されている株数を上回り、株価が上昇している状況のことである。買い圧力が売り圧力を上回っている状況である。
株式相場用語

売り優勢

読み方:うりゆうせい 売り優勢とは、株式相場において、売りに出されている株数が、買いに出されている株数を上回り、株価が下落している状況のことである。売り圧力が買い圧力を上回っている状況である。
株式相場用語

一高一低

読み方:いっこういってい 一高一低とは、株式相場において、1日高ければ次の日は安いというように、上げ下げを繰り返している状態のことである。一高一低の相場では、株価は小幅な動きをするため、「小幅往来」と表現することもある。
株式相場用語

場違い筋

読み方:ばちがいすじ 場違い筋とは、通常は株式投資を行っていないのに市場に参入してくる投資家のことである。仕手筋の1つである。 場違い筋として知られている仕手グループには、昭和40年代に話題になった山林地主の相場師グループ「吉野...
株式相場用語

物色売り

読み方:ぶっしょくうり 物色売りとは、上場している銘柄の中から適当な銘柄を探し出して売りを入れることである。物色売りの対象となる銘柄には、悪材料のある銘柄や業績のよくない銘柄などが挙げられる。 なお、物色売りに対して、業績のよい...
株式相場用語

物色買い

読み方:ぶっしょくがい 物色買いとは、上場している銘柄の中から適当な銘柄を探し出して買いを入れることである。物色買いの対象となる銘柄には、業績の良い銘柄や材料含みの銘柄などが挙げられる。 なお、物色買いに対して、悪材料のある銘柄...
株式相場用語

売り先行

読み方:うりせんこう 売り先行とは、株式市場が開場した際に、売り方が買い方を上回っている状況を指す言葉である。売り先行の局面では、株価は下降する傾向にある。 売り先行の状況を作り出す要因の1つに、開場前の悪材料出現が挙げられる。...
株式相場用語

買い先行

読み方:かいせんこう 買い先行とは、株式市場が開場した際に、買い方が売り方を上回っている状況を指す言葉である。買い先行の局面では、株価は上昇していく。 買い先行の状況を作り出す要因の1つに、開場前の好材料出現が挙げられる。例えば...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました