工事完成保証

金融団との関係でスポンサーが工事完成保証を引受けることがある。保証の形態としては、スポンサーによる プロジェクト完成までの元利全額支払い保証またはスポンサーによるコンプリーション・コベナンツといった手法が用いられるが、工事完成の遅延により発生したコスト ・オーバーランについてスポンサーが追加出資を行うかまたは劣後ローンを提供することを約束させるものといえる。
出典:日本政策投資銀行