連続下げ三手放れ三ツ星

読み方:れんぞくさげさんてはなれみつぼし

連続下げ三手放れ三ツ星とは、下降トレンドにおいてを開けて3本の短い陰線が出現し、さらに寄せ線、大陽線が出現した状態のことである。

連続下げ三手放れ三ツ星の出現は、酒田五法では下降トレンドの終局を意味する。3本の短い陰線は、次第に売り圧力が弱まってきていることを表している。寄せ線の出現は、売り圧力と買い圧力が拮抗したことを表している。そして大陽線の出現は、買い圧力が売り圧力を上回ったことを表している。酒田五法では、大陽線の日に、寄り付きから少し上昇した時点を買い出動のタイミングとしている。

一方で、本格的な上昇トレンドに向かうのは、窓埋めが完了してからと説明するアナリストもいる。

連続下げ三手放れ三ツ星のローソク足
連続下げ三手放れ三ツ星