価格競争入札コンベンショナル方式

発行者があらかじめクーポン(表面利率)を決定しておいて、入札参加者から価格による入札申込みを受ける。申込みを受けた価格(応募価格)の高いものから順次割り当てていき、発行予定額に達するまでが募入(落札)とされる。ある応募価格で全額募入とすると発行予定額を大幅に超過するような場合には、その一部を募入とし、按分計算によって各入札者ごとの落札額が計算されることがある。

出典:一般財団法人地方債協会