コベナンツ

融資契約における借入人の誓約事項。違反は融資契約上の期限の利益喪失事由となる。肯定的誓約(Affirmative Covenants)と否定的誓約(Negative Covenants)とに分かれ、前者では借入人による 一定の行為については融資団の承諾を取得すること、各種必要書類の融資団に対する提出等を定めることが多く、後者では本件事業以外の事業遂行の禁止、事業内容の変更の禁止等を定めることが多い。
出典:日本政策投資銀行