クレジットデリバティブ

債権の信用リスクを債権から切り離すデリバティブのこと。例えば、Aの債権を保有しているBがAの信用リスクを回避したい場合、Aのデフォルト事由発生時にBに対して損失を補填し、その対価として一定額のプレミアムを受け取れるような商品を作り、それをCに販売する。いわば、信用リスクの流動化であり、プロジェクトファイナンスやアセットファイナンスの信用補完手法の一つとして非常に有効である。
出典:日本政策投資銀行