旅具通関

旅具通関 – 政策評価実施計画

旅客又は乗組員の携帯品、別送品等の通関については、その輸出入形態の特殊性から簡便な手続が認められており、一般貨物の「業務通関」に対して「旅具通関」という。

出典:政策評価実施計画(財務省)

旅具通関 – 税関関係用語集

読み方:りょぐつうかん
英語:Passenger Processing

旅客又は乗組員の携帯品、別送品等の通関についてはその輸出入形態の特殊性から簡便な手続が認められており、一般貨物の「業務通関」に対して「旅具通関」という。

出典:税関関係用語集(財務省)

旅具通関 – 日本関税協会

旅客又は乗組員の携帯品、別送品等の通関についてはその輸出入形態の特殊性から簡便な手続が認められており、一般貨物の「業務通関」に対して「旅具通関」という。携帯品、別送品で免税範囲を超えるものについては、関税と内国消費税及び地方消費税の率を総合した簡易税率が適用される。

参考項目:簡易税率、携帯品
参照条文:関税定率法第3条の2、関税法基本通達67-4-9及び67-4-10

出所:日本関税協会