DCF法

収益還元法の一手法で、収益を生み出す不動産について、将来の継続的な純収益の流れのうち、一定期間のキャッシュフローを分析する手法。このキャッシュフローには、分析期間以降の純収益の合計額である復帰価値を含み、分析期間中の一連のキャッシュフローと分析 期間末の復帰価値を割引率でそれぞれ現在価値に割り引き、それらの合計価格をその不動産の現在の価格とする。
出典:日本政策投資銀行