デリバティブ

デリバティブ

金利・為替・株価等の価格変動に基づいて行う取引やその商品をいう。その価値が金利・為替・株価等の原資産取引の価格から派生して決まるため、派生商品(デリバティブ)と呼ばれる。取引形態としては、先物、オプション、スワップ等がある。もともと原資産の価格変動リスクのヘッジ(回避)を主な目的として登場したが、比較的小額の資金で多額の取引が行えることから、デリバティブ自体を対象とする投機や裁定を目的とした取引も行われている。また、デリバティブの要素を組み入れた運用商品も開発されているが、その利用にあたっては、商品内容や仕組みに対する十分な理解やリスク管理が必要である。

(出所:企業年金連合会)

デリバティブ

株式や為替、金利などの伝統的な金融商品から派生して誕生した金融派生商品。

金融商品を売買する権利を商品化するなどして金融商品に付随するリスクを商品本体と切り離して取引することを可能としている。

デリバティブの中には、さまざまな投資方法(スワップ、オプション、先物取引など)を何種類も複雑に組み合わせたものも多い。

本来リスクヘッジ(回避)のための商品ではあるが、投機の手段にもなるハイリスク・ハイリターンのものもあるので、売買する際には商品の仕組みと付随するリスクをしっかりと確認する必要がある。

(出所:金融広報中央委員会)

デリバティブ

1つまたは複数の原資産(レート、指数を含む)の価格によってその価格が決定される金融上の契約。すべてのデリバティブは、分析の観点から、先渡し契約、オプションまたは両者の組み合わせに分解することができる。

出典:日本銀行