直接比較法

新旧商品の品質差は無視しうるものと判断し、新旧商品の表面価格差をすべて純粋な価格変動分として処理する方法。

出典:日本銀行