環境デューディリジェンス

中立的な第三者である環境コンサルタント等が、取引対象不動産につき、アスベスト、PCB、その他有害物質による汚染の可能性が存在しているか否かを調査すること。当該不動産及 び周辺不動産の経歴、現時点での管理状況、関係者へのインタビュー等はフェーズ1と呼称され、この調査 により汚染の可能性が指摘された場合、表土調査、ボーリング調査等フェーズ2以降の調査にステップアップする。
出典:日本政策投資銀行