スポンサーリンク

電子商取引

スポンサーリンク

電子商取引

インターネットを使用して、商品の売買やサービスの提供など、商業活動を行う仕組みのこと。

EC(Electronic Commerce-エレクトロニック・コマース)、eコマースとも呼ばれます。 主に、企業と企業で行うBtoB(Business-to-Business)の仕組みと、企業と消費者で行うBtoC(Business-to-Consumer)の仕組みがあります。たとえば、ショッピングサイトやオンライントレードも、電子商取引のひとつです。 電子商取引においては、顧客の情報や購入履歴をデータとして保有することになるため、不正アクセスやデータ漏洩の問題など、もっとも情報セキュリティの強化が要求されているシステムと言えます。

出典:国民のための情報セキュリティサイト(総務省)

電子商取引

インターネット等のオープンなネットワークを使用した商取引。大きく消費者向けEC(B to C、BはビジネスでCは消費者を表す)と企業間EC(B to B)に大別できる。

不特定多数の消費者をターゲットとした消費者向けECには、サイバーショップが登場し、当初はパソコン関連商品等が主流であったが、現在はあらゆる商品が扱われている。またインターネットバンキングも普及している。

インターネットショッピングは特定商取引法に規定される通信販売であるが、契約当事者の顔が見えず、相手の特定や責任追及が困難なため悪質商法も行われやすく、セキュリティ上の問題もある。

なお、インターネット上で身元確認ができるシステムの構築を促す電子署名・認証法が2000年に制定された。

(出所:金融広報中央委員会)

タイトルとURLをコピーしました