電子証明書

マイナンバーカードのICチップに記録されている情報のひとつ。 オンライン上で電子的に本人を確認することができ、民間でも利用することができる。
電子証明書は以下の2種類がある。

署名用電子証明書

インターネット等で電子文書を作成・送信する際に用いることで、文書が改ざんされていないかどうかなどを証明できる仕組み。
例えば、電子申請(マイナポータルの「ぴったりサービス」、e-Tax等)や民間オンライン取引(オンラインバンキング等)の登録などで利用されている。

利用者証明用電子証明書

インターネット等でログイン等をする際に用いることで、利用者本人であることを証明する仕組み。
行政のサイト(マイナポータル等)へのログインや、民間のサイト(オンラインバンキング等)へのログイン、マイキープラットフォームで利用するマイキーIDの作成、コンビニ交付サービスなどで利用されている。
出典:マイナンバー制度に関する用語(内閣府)