スポンサーリンク

EPA

スポンサーリンク

EPA

読み方:いーぴーえぃ
英語:Economic Partnership Agreement
経済連携協定。FTAの要素(モノ・サービスの貿易の自由化)に加え、投資や人の移動、二国間協力を含む包括的な経済連携を図る協定。

出典:税関関係用語集(財務省)

EPA

「Economic Partnership Agreement(経済連携協定)」の略称。この協定は、自由貿易協定(FTA)の要素(モノやサービスの貿易の自由化)に加え、「投資」、「人の移動」、「政府調達」や、更には先進国と開発途上国が経済的な連携を強めようとする場合に特に考えられる科学技術、人材育成、中小企業支援等の分野も含め、包括的な経済連携を図っていこうとするものである。それぞれの締約国の産品に対して適用する関税を、経済連携協定税率(EPA税率)という。

出所:日本関税協会

EPA

EPA [Economic Partnership Agreement: 経済連携協定]
貿易の自由化だけではなく、投資、人の移動、知的財産権や競争政策に関するルール作りなどのような様々な分野での協力を取り込み、経済のより広い範囲を対象とした協定。

(参考)環境分野では、この略号は、米国環境保護庁(Environmental Protection Agency)の略称として使用されることが多い。

出典:日本工業標準調査会ウェブサイト

タイトルとURLをコピーしました