財政投融資

財政投融資

国債の一種である財投債の発行などにより調達した資金を財源として、政策的な必要性があるものの、民間では対応が困難な長期・低利の資金供給や、大規模・超長期プロジェクトの実施を可能とするための投融資活動です。

財政資金対民間収支(対民収支)上の「財政投融資」には、財政融資資金及び財政投融資特別会計における民間との間の受払が計上されます。

具体的には、独立行政法人や地方公共団体等に対する貸付及びその回収、㈱日本政策金融公庫等からの預託及びその払戻等、投資勘定における出資・配当、貸付・回収等があります。

なお、財投特会は、国債(財投債)の発行を行っていますが、対民収支上「国債等」の「国債(1年超)」に計上されており、本項目には含まれません。また、政府短期証券(財政融資資金証券)も発行することができますが、発行された場合には「国庫短期証券等」の「国庫短期証券」に計上され、本項目には含まれません。

財政融資資金及び財政投融資特別会計(財投特会)の概要

1.財政融資資金
財政融資資金は、財投債(注)の発行を通じて金融市場から調達した資金等を、財政融資資金として政府が支援するにふさわしい事業を行う国の特別会計や地方公共団体、公庫、独立行政法人等に融資しています。国の信用に基づき最も有利な条件で資金調達を行っているため、長期・固定・低利での資金供給が可能となっています。

(注)財投債とは、特別会計に関する法律第62条第1項の規定により、財政融資資金の運用の財源を調達するために発行される国債です。

2.財投特会
財投特会は、平成20年度において、産業投資特別会計産業投資勘定が財政融資資金特別会計に移管され、名称を「財政投融資特別会計」としたものであり、(1)財政融資資金勘定と(2)投資勘定に区分されています。また、平成22年度から特定国有財産整備特別会計が一般会計化されたことに伴い、(3)特定国有財産整備勘定が設けられています。

出所:財政資金対民間収支(財務省)

財政投融資

政府が国債(財投債)の発行により金融市場から調達した資金などを財源として、民間では困難な大規模・超長期プロジェクトの実施や、民間金融では困難な長期資金の供給を可能とするための投融資活動。

出典:政策評価実施計画(財務省)